【wp-config.php編】MYSQLの設定からwp-settings.phpまで

前回の記事の末尾に記載している通り、Wordpress 5.2.1をダウンロード後解凍し、直下のwp-config-sample.phpを参照している前提で話を進めていく。

まずは、MYSQL設定として定義している定数を確認していく。

定数名 概要
DB_NAME データベース名
DB_USER データベースのユーザー名
DB_PASSWORD データベースのパスワード
DB_HOST MYSQLのホスト名
DB_CHARSET データベース上の文字コード
DB_COLLATE データベースの照合順序(ソート順のようなもの)

その下には認証用のユニークキーを定数として設定する箇所があるが、現時点では利用方法が把握できないため、定数名のみ並べておく。

定数名
AUTH_KEY
SECURE_AUTH_KEY
LOGGED_IN_KEY
NONCE_KEY
AUTH_SALT
SECURE_AUTH_SALT
LOGGED_IN_SALT
NONCE_SALT

次にWordpressのデータベースを発行する際の接頭辞を”$table_prefix”という変数で定義している。

定数名 概要
WP_DEBUG WordPress内の開発でデバッグを行っている際に利用する定数。trueで定義するとnoticeエラーを表示するようになります。

またこの時点で”ABSPATH”を定義していない場合は、Wordpress直下までの絶対パスに”/”を連結して定義している。

ここで、wp-settings.phpをrequireしているためこの記事は以上とする。

次回はrequireしているファイルが多いため、読み込んでいるファイルをまとめるとする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です