Macbookおじさんから頂いたものはMacbookだけでは無かった!!頂いてからの1年を振り返ってみる

どうもふうやです。

約1年前MacbookおじさんからMacbookを頂きました。

参考 MacBookおじさんからMacBook頂きました!!!ITWeber

そもそもMacbookおじさんというのは”未来に有望な若者”に対してMacbookをプレゼントする側が”期待して”その子に対してMacbookをプレゼントするという企画です。

このMacbookおじさんというのは約一年前の2017年7月に流行りました。

そしてMacbookおじさんのタクスズキさんからMacbookを頂いてからもうすぐ一年経とうとしているので、Macbookを頂いてからの自分を振り返ってみようと思います。

MacbookをMacbookおじさんから頂いてもうすぐ一年

Macbookを頂いて終わりではない

MacbookおじさんからMacbookを頂きましたが、それで終わりでは無いと最初から思っていました。

自分はこれを通過点として活動の幅を広げようと意識しました。

もちろん意識しただけでは無くきちんと行動に移せています。

なぜならMacbookおじさんのタクスズキさんには日々感謝の気持ちを忘れずに居たからです。

Macbookおじさんへの恩返し

そして自分はお金を返すという行為はタクスズキさんにとっては理にかなっていないと感じています。

だからこそ違う形での恩返しをしようと感じました。

その中の一つに”自分自身が成長する”というものがあります。

元々Macbookおじさんというのは未来に有望な若者の活躍を期待してMacbookをプレゼントするというものでしたから、自分は最低限Macbookおじさんのタクスズキさんには”自分が成長している姿”を見せることと、支援の輪を拡げることで次の世代を応援することを意識していました。

MacbookおじさんからMacbookを頂くことが分かったとき

MacbookおじさんのタクスズキさんからMacbookを頂くことが分かった時は、”自分の能力が認められた”と同時に”期待してくださっている”と脳内変換が出来ました。

そして自分にとっての恩返しは”自分自身が成長する”ことで”少しでもmacbookをプレゼントして良かった!”と思ってもらうために日々成長することでした。

価値について

お金では返せない価値というものがあり、その価値というのは価値を付与する側によって何なのかが違うと思っています。

その価値を分かった上で恩返しするというのは当たり前のことであって、+αで望んでいることを予測することが真の価値だと思っています。

この事例では自分にとってその真の価値は”価値を付与する側に回ること”だと感じました。

自分はその流れを次の世代に受け継ぎたいし気づいてもらいたいと思っています。

なので支援の輪というのは決して悪いものでは無いなと感じています。

そして今度はそれを自分が見極める側となります。

その見極めを間違ったとしても見極める技術が無かった自分が反省するだけであって、それもまた自分にとって成長の機会になり得ると思っています。

Macbookおじさんから頂いたものはMacbookだけでは無かった

こんなに考えさせられることを提供してくださったタクスズキさんには本当に感謝しています。

この“考えさせられることの提供”というのもMacbookと一緒に頂いた立派な価値だと思っています。

だからこそ自分はMacbookおじさんから頂いたものはMacbookだけでは無いと感じています。

そしてこの気づきを得ているMacbookチルドレン(MacbookおじさんからMacbookを頂いた人)はどれくらい居るのかと日々思っています。

まとめ

MacbookおじさんからMacbookを頂いてから1年経つからもう終わりではない!!

ともちろん感じています。

自分のMacbookおじさんのタクスズキさんもそう思っているはずです。

だからこそこれからも日々成長してその”姿”をMacbookおじさんに見てもらいたいと思っています。

もう一つ!!

次の世代への支援の輪を拡げることもMacbookおじさんへの恩返しだと思っているので実行します。

ありがとうございました!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です