最新のトレンドCSSフレームワーク4選紹介するよ!

どうもふうやです。

WebサイトやSNS、ブログやWikiなど様々なタイプのWebメディアが存在していますが、これらを構築するには年々複雑さが増していますよね。

その為、効率的に作業を行うには、デザインやロジック双方で専門に扱えるライブラリやフレームワークの導入が欠かせません。

ライブラリやフレームワークの導入は、企業が他企業から依頼された物を構築するのに必須になってきており、JavaScriptフレームワークやPHPライブラリなどが充実してきています。

JavaScriptフレームワークはWebサイトの機能を実現するだけでなく、デザイン面でもスクリプトを書く事で、実現したいデザインを作り上げる事が出来ます。

但し、スクリプトに組み込まれますので、スクリプトの書き方に熟知していないと、なかなか自在に使いこなす事が出来ません。

Webメディアを構築する上で、ある程度デザインが決まっていてカスタマイズがし易い環境になっている事が望ましく、そのような仕組みが効率的に作業が出来る環境を提供してくれます。

Webサイトのデザインの雛形を構成しているのがCSSフレームワークと呼ばれる物です。

最新トレンドCSSフレームワーク

JavScriptフレームワークやスクリプト言語のフレームワークのように、Webデザインを行う上で必須となっているCSSで予めある程度の雛形が出来ていれば、一から機能を実装する手間を省く事ができ、カスタマイズ性が高ければ、案件に合った手法でWebデザインを作り上げていく事が可能になります。

Bootstrap

Bootstrap

CSSフレームワークには、Bootstrap3という定番のフレームワークがありますが、その後継バージョンであるBootstrap4を導入するのが現在では有効です。

このBootstrap4は、Webメディア構築に必要な物が全て揃っていますが、その分、案件によっては必要で無い物も相当数含まれています。

そこで、もっと軽量で、一番行いたい事を実現してくれるCSSフレームワークに絞って導入する事で、標準のCSSにプラスアルファするような形にする事で、ソースコードをシンプルにしてメンテナンス性を向上させる事が出来ます。

Bootstrap4以外で効果的な物としてはいくつか存在しています。

Renaissance.css

Renaissance(ルネサンス).cssは黄金比でレイアウトを行えるフレームワークであり、BEMで構成されているのが特徴です。

表現したいモジュールをBlocksやElementsやModifiersというように3つに分けて記述する事で、レゴブロックの如くレイアウトを構築していく事が出来ますので作業効率が増します。

黄金比を取り入れている事で、誰が見ても美しい見栄えになりますので、黄金比でデザインをしていきたいのであれば、効果の高い選択肢です。

simple

CSSをプログラマブルに記述する手段としてはプリプロセッサを使うといった方法があります。

よく使われるプリプロセッサはSASSとSCSSですが、これを活用してシンプルに表現したいデザイン向けのCSSを構築する事が出来るフレームワークがsimpleです。

プリプロセッサを使う利点は、まとめて関数設定を行う事ができ、通常のCSSと比較して値を纏めて反映させられる事ですので、作業効率がかなり変わってきます。

simpleは簡潔に必要なCSSを記述する事を目的に作られたフレームワークですので、シンプルな使い方を重視する企業や開発者であれば適しているでしょう。

micron

マイクロインタラクションを採り入れたいのであれば、micronというCSSフレームワークが良いです。

これは、JavaScriptライブラリと組み合わせて構成されていますので、純粋なCSSフレームワークではありませんが、マイクロインタラクションを容易に実現する為には有用です。

12種類のアニメーションが用意されていますので、ほとんどの場面で使用する事が出来ます。

まとめ

Bootstrap4は高機能であり、多くの企業が採用していますので、フレームワークを使ったノウハウが豊富ですが、それを使いこなすには、どのような機能が備わっているのかを知って理解する必要があります。

使い方次第では、Bootstrap4を導入するメリットが少ない事もあり、より軽量で特定用途に強いフレームワークを導入した方が便利なシーンがあるでしょう。

トレンドなフレームワークは次々と開発されていますので、企業や開発者は現在取り掛かっている案件に最適な物を選択する事で、メンテナンス性を高め、様々なデバイスに対応したサイト作りを行えます。

CSSのフレームワークは、CMSに組み込まれている事も多々あります。

テンプレートと組み合わせれば、自在にWebサイトのデザインやレイアウトを変更していく事が出来ますので、CMSによるWeb開発を実施している場合にもフレームワークの導入は大いに効果を発揮してくれるでしょう。

レスポンシブデザインに対応していますので、レスポンシブデザインを導入したい時にも役に立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です